ヒデヲジテンシャブログ

自転車ネタを中心に綴ったゆるーいブログです。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

スペシャライズド東京さんでBGFitを受けてきた!


以前から気になっていたBGFit
ついに受けてきました。


忘れないうちに、備忘録も兼ねて綴っていきます!


バイクのポジションって、客観的にも見てもらって、
それなりのポジションが出ているはず。

ただ、プロにちゃんと見てもらったら、どうなるんだろう?
正しいポジションで、練習していったら、もっと速くなれるのだろうか?

という思いが、今回BGFitを受けるきっかけでした。
レース志向は薄いけど、やっぱり速くなれば楽しいよね。


【当日まで】

確か、3月のどこかで電話予約。
そのあとにメールを送ってくれ、と言われたので、メール送信。

すると、翌日あたりには、事前インタビュー用のメールが来ました。

自転車歴や普段の乗り方、距離、目標、心配な点など。
そして、バイクの情報など、質問事項に回答する形でメールを返信。

後は、当日を待つのみ!

仕事で月初に大きなトラブルが発生してしまい、
もしかすると、休み取れないかもー!って不安だったんですが、
なんとか収束して、無事に有給を頂けることとなりました。

【当日】

朝は子供たちと遊んだりしてのんびり過ごして、10時前くらいに出発。
BGFitは11時半からということだったので、11時到着くらいを目標に余裕を出発。

ルートは、よく分からないので、
17号から山手通りを走る主要道路メインのルート。

いやー、車が多くて、怖かったです。
そして、風が強くて、横風に何度も煽られました、、、。

そんなこんなでスペシャライズド東京さんに到着!


さぁ、BGFitの始まりです。
担当してくれたのは、Fさん。
物腰のやさしい素敵な男性でした。



■バイクのサイズチェック

事前にメールしたインタビューの回答などをおさらいしつつ、
現状のポジションを確認するため、バイクのチェックしていきます。

すると、部屋の外に、なにやら人影か!
なんと、さとしーが見学しにやってきましたw

実は、今まで、私のバイクのポジションを出してくれたのは、さとしーだったんです。
他人にバイクのセッティングを弄られることが気に入らずに、
偵察しに来たのでしょうか?ww

■アセスメント

次に、乗り手の体の特徴を確認するため、色々とチェックされます。

足の形をチェックするために、足の裏を確認する道具で確認。
私の場合、土踏まずが広い。アーチが高い足をしているそうです。
すでに、それに合ったSpecializedのインソールを使用しているので、
特に指摘や変更点はありませんでした。

そして、足のサイズからシューズのサイズが合っているか確認してくれましたが、
シューズのサイズは、40.5でも良いとのこと。
確かに、それは、今のシューズを買う時にも言われた^^;
でも、旧モデルのS-WORKSシューズは40.5というサイズがないんですよね。
なので、仕方がなく40を履いていますが、特に違和感はありません。

現行モデルのS-WORKSシューズを勧められましたが、値段がねぇw
でも、旧モデルと比べると、やっぱり現行モデルは全然違うらしい!
次買うときは、現行モデルのを買いたいぞ!

さて、アセスメントは続きます。
前屈したり、膝を曲げたり、寝転んだり、、、、
色々なやり方で、柔軟性や可動域などを確認していきます。


■フィッティング

ひと通り、アセスメントが終わったら、
その情報をもとに、BGFitの理論に当てはめて、
バイクのポジションを出していきます。

まず変更されたのが、サドル高。

サドル高:5mm高く

正直驚きました。
自分なりに調整していって、ギリギリのサドル高だと思い込んでいたんですが、
サドル高が高くなるなんて!
理論的には10mm高くしても良い、ということでしたが、
いきなり大幅に変えてしまうのはまずいということで、
50mmで抑えることにしました。

その後、クリート位置をチェック。
クリートそのものの位置やQファクターもそうですが、
SPEEDPLAYを使っているので、遊びの位置なども確認してくれました。

私の場合、足がハの字で外側を向いてしまっているとのこと。
(そういう人が多いみたいですが)
まっすぐになるように、クリートを調整。

そしてローラーに乗って確認してみると、物凄い違和感!
今まで足が外側を向いていたのが強制されている感じでちょっと気になりました。
Fさんと話していると、強制して怪我や痛みに繋がってしまっては、意味がないので、
元に戻しましょう、ということになりました。
そのあと、クリート位置やQファクターなど確認していただき、
結果、クリートが前に数mm移動しました。

ローラーに乗ってチェックして、
膝がぶれずにまっすぐ上下動出来ていること確認してもらいました。

続いては、ハンドル回りです。
替えのステムを持ってきたわけではないので、
ステム長さや角度を調整できる装置を使って、
ローラーに乗りながら、あーでもないこーでもないとやって頂きました。


ローラーを回して、調整。
調整しては、ローラーを回す。


そこまで強度はないものの、ちょっとしたインターバルトレーニングですw
暑くて汗が止まりません。
これは夏場にやったら、冷房が効いてたとしても、汗だらだらになるでしょうね。

手の置場を色々と変えながら、
無理のない形でペダリングできるポジションを探します。

ステム長は、10mm長い、110mmステムに。

お店に置いてあるS-WORKSのステムを借りて、フィッティングすることに。
ホントは買ってもよかったんですが、どうもステムのデザインが気に入らなくて、
別でゲットすることにしましたw

問題は、ステムの角度。
12度のステムにした場合、前傾がきつくなり、肩や肩甲骨が無理している感じでオススメしないとのこと。
フィッティングの理論値で言えば、ステム角度は4度が望ましいと言われたんですが、
実際にそのポジションにすると、物凄くアップライトなポジションに。
そして、ステムが上向きでカッコ悪い、、、(-公- )

出してもらったポジションに従うつもりでしたが、
見た目のカッコ悪さを受け入れることが出来ずに、4度はやめました。

BGFitは、導き出したポジションをゴリ押しするのではなく、
乗り手と相談しながら、一番いい形にしていきます。


無理のないポジションで、かつ、見た目的にも問題なさそうなバランスを探ってもらい、
サドル角度は8度で落ち着きました。

その後、ハンドルの位置やブラケットの場所も確認してもらいましたが、
特に修正点はないとのこと。

続いて、サドルの後退幅。
ペダルを水平にした時に、膝の先端がクリートの中心に近くなればOKということで、

サドル後退幅を35mm後退。

ひと通り終わった後に、サドルについて相談した。
事前のアンケートで、尿道に痛みを感じることを伝えておいたので、
その辺について、サドルを変更した方がいいのか聞いてみた。

私の場合、骨盤が寝ているポジションになっているらしい。
ポジションの話しで、よく「骨盤を立てて」なんて話を聞くので、
それがちゃんと出来てないんか、、、と思っていたんですが、
そもそも骨盤を立てる立てないは、人によるし、
そんなに簡単に変えられるものではないから、気にしなくて良いとのこと。
うん、それを聞いてちょっと安心したw

骨盤が寝ているフォームなので、
結果、どうしても尿道に痛みが出てしまう可能性があるんだって。
だから、このサドルはどう?と提案してくれました。

S-WORKS POWERサドル

少し前に出た先端が短い型のサドルですね!
試しにそれを付けてローラーしたところ、尿道の違和感がかなり改善された!
うん!これがいいのか!なんて思ったんですが、諭吉さん3人分。

ちょっと予算に合わなかったし、ミドルグレードのPOWERサドルが今後入荷されてくるとのことなので、
その時に、また検討してみようと思いました。

でも、S-WORKSのPOWERサドル、カッコよかったなぁ、、、。


これで、ポジションはすべて出ました。
ローラーに乗って、少し確認。

ポジションが大きく変わったんですが、ローラーを乗っている感じでは違和感はない。
これで良さそう!

今後、実走をしてみてどうなるかを確認していきます。
ということで、今日のフィッティングは以上。

BGFit前】


【BGFit後】


後は、実走して、つくば9耐までにフォローフィットをやってもらって、
このポジションを完成させたいと思います。

■最後に

簡単にペダリングを確認してもらいました。
特に修正するところはないとのこと。

もっと良くしたい場合は、竹谷さんのペダリング講座に参加してください、と。
ああ、なるほどねw

まぁとりあえずペダリングに関しては指摘事項がないということで安心しましたw

以上で終了となり、お会計です。
私の場合は、お店で購入した商品はないので、
フィッティング料金だけで、済みましたw

帰りは、新しいポジションになって、帰ったんですが、
なんかそんなに違和感がない。

結構ポジションが変わったはずなのに。
もしかすると、これから違和感が出てくるのかな?

とりあえずコツコツと乗っていこう。


【まとめ】

BGFitってどうなの?って思っている人が多いと思いますが、
興味があるなら、やった方がいいと思います。
まぁ値段が高いですが、その価値は、十分あると思います。

半日掛けて、プロのフィッターに、バイクポジションはもちろん、
クリート位置やインソールなど細かくチェックしてもらえるのは大きいと思います。

例え、大きな変更がなかったとしても、正しいポジションになれば、
後は、エンジン(=自分自身)が頑張るだけですから、迷いがなくなると思います。

そういった意味でも、気になるのであれば是非受けてみることをお勧めします。
そこのあなた、いかがですか?



ポジションは出た!あとは、お前の覚悟のみ

↓ がんばろう、おれ!
にほんブログ村 自転車ブロdグ ロードバイクへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

| 未分類 | 06:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。