ヒデヲジテンシャブログ

自転車ネタを中心に綴ったゆるーいブログです。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

【赤城山ヒルクライム2014】当日編。去年の自分に負けるな!



お前は去年の自分に勝てたのか?

赤城山ヒルクライムの当日編です。
ささっと振り返ってみましょう!



4時起床。
身支度を整え、バイクを組み立てで自走へ会場へ。
途中、隊長とすよよさん合流。

会場には、沢山の人がいました。
天気は良い天気。
でも風が強くて、少々寒かったです。

会場でkikiさんと合流し、
チームメンバー全員集まりました。
今回は、8名の参加。


スタートまでに体が冷えては困るので、
ウィンドベストとアームウォーマーは預けないでおきました。

7時。
エキスパートクラスで参加するccjpの皆さんを見送ったあと、
Bクラスに陣取る隊長の元へ行き、激励を。

「去年の自分に負けるなっ!」

数メートル離れたところから言ったんですが、
思いの外、声が大きくなり、周りの方々もこちらを振り向く始末w

隊長のクラスは、1時間~1時間15分程度で登る方々が陣取るクラス。
云わば、クラス別のトップの方々ばかりなのです。

そんな方々が聞いていて、ん?となかったもんだから、
そそくさと、マコさんの後ろに隠れました。

取り残された隊長は、気合い入ったかな?(・∀・)




さぁいよいよ私たちのスタートの番、
同じグループで、マコさん、さとしさん、やまぞうさんと一緒なので、
特に緊張しませんでした。

・・・で、緊張感のないまま、スタートw

沿道にはたくさんの応援者が。

とりあえず4人がパックになって、トレインに乗りながら前を目指します。
調子に乗って飛ばすと、中盤以降でタレるので、抑え目に。
心拍は165前後のメディオくらいを目安にしました。

途中、トレインに乗れずに自分が先頭になるシーンがありましたが、
後から振り返ると、もう少し頑張ってでも、集団の中にいた方が良かったかな?と思いました。

出場2回目だからか、それとも自分がドライになったのか、
沿道で一生懸命旗を振る子供たちを見ても、涙は出ませんでしたw

8.9km地点の橋を過ぎで、斜度が上がります。
いつのまにか、前にも後ろにもチームメンバーはおらず、ひとり旅。


中盤は、斜度がきついエリアがあり、我慢の時間帯。
目安の平均速度を見ながら、頑張ってペダルを回します。

姫百合駐車場の太鼓の応援を横目に、終盤エリアへ。
腰が痛くなってきて、いまいちペースがあがらず。

「一杯清水」のバス停から本気を出す!と思ってましたが、
給水所があったり、沿道に人がいたりと、どこにバス停があるかわからず、
気付けば、65カーブの付近。
後は、徐々に斜度が緩くなるエリア。

フロントをアウターに入れるも、
チェーンが上がるのにもたついてしまい、少しロス。

ダンシングで頑張って踏むことも出来ずにそのままゴール。
サイコンのタイムでも1時間33分を示している。

チームメンバーが集まるのを待ってから、
荷物預けエリアに移動し、下山です。

下山対策のため、しっかり着こんだ後、ゴール地点までは登りなので、
脚はないし、暑いし、ちょっと大変ですw

メイン会場へ戻る下山ルートでも、沿道で「来年のまた来てねー」と手を振る皆さん、
やっぱりいい大会ですよね。

完走証をもらって、タイムを確認。
うん、準備不足やコンディションを考えると、まずまずかな。
去年の自分に勝てなかったのは残念。


車に戻って、お風呂に入って、お昼ごはんを済ませたら、帰宅。


充実した2日間を与えてくれた、家族に感謝っすね。
今年最後の自転車イベントなので、終わってしまうと寂しいですが、
また来年も出れるように頑張りたいと思います




 ↓ とりあえず今年の自転車イベントはこれで終わりだと思います。
   みんなありがとうーっ!

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

| 未分類 | 05:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。