ヒデヲジテンシャブログ

自転車ネタを中心に綴ったゆるーいブログです。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

【今年初の本格ヒルクライム】初めての赤城山に行ってきた(・∀・)


※Zeroさん撮影

初めて赤城山へヒルクライムしに行ってきました(・∀・)
いやー、分かっていたんですが、やっぱり苦しかったです・・・。
全然登れませんでした・・・(´・ω・`)

そして、寒かった。霧がヤバかった\(^ω^)/



彩湖のエンデューロさいたまシティマラソンが終わった次は、
初めてのヒルクライムレース、「ツール・ド・草津」が待っています。
少しでもお山に慣れておかねば、ということで行ってきたわけです。


ヘタレメンバー的には、裏山と呼ばれているほどお馴染みな赤城山
私は行ったことなかったんですが、今回、jimaoさんにお声掛け頂き、
嫁からもOK頂いたので、連れていってもらいました。




メンバーは、jimaoさんZeroさんくろけんさんと私を含めた4人です。
私は、jimaoさんの車に乗せて頂き、現地に向かいます。

待ち合わせ時間は、朝4時。
前日帰ってから準備を始めたので、寝たのは2時間程度でしたが、
無事に起きることができて良かったです。
4時近くになり、jimaoさんがそろそろ来るかなーと玄関を開けると、
ちょうど良いタイミングでいらっしゃいました。

jimaoさんの車に乗車するのは、渋峠以来?

いつもありがとうございます。

朝のさいたま市付近は、パラパラと小雨でフルウェット。
彩湖の早朝練は、ちょっと厳しそうな感じ。


関越道を北上し、前橋を目指します。
冬のスキーシーズンが過ぎたため、渋滞はなし。順調に進んでいきます。
途中で、くろけんさんから連絡があり、ちょっぴり遅刻したとのことなので、
我々は少しのんびり行くことにしました。

パラパラと降っていた小雨も寄居を過ぎたあたりで止みました。
そして6時くらいにデポ地に到着。
車中でゆっくりしていると、30分ほどでくろけんさんの車が到着。

現地の赤城山の麓の空は、どんよりとした曇り空です。
路面は、ドライ。ただ、ちょっと寒い。


この日の装備は、

[上]
長袖コンプレッションインナー、ヘタレジャージ、
アームカバー、ヘタレウィンドベスト
[下]
コンプレッションタイツ、ビブショーツ
[手]
ロンググローブ

で登ります。そして、下山用に、
ネックウォーマー、冬用インナー、ウィンドブレーカー、レッグウォーマー
を背中ポケットに入れておきます。


準備が整ったら、まずはアップがてら、近くの道路をケイデンス高めで走ります。
少し走った後、いよいよスタート地点に到着。


GARMINが先日のマラソンの設定のままだったので、修正。
AUTO LAP を 5km に設定し、5km を 4セット走るイメージで行きます。

ちなみに、赤城山ヒルクライムのコースは、こんな感じ。

距離:20.8km 最大標高差:1330m 平均斜度:全体:6.3%

序盤の8.9kmがダラダラとした上り坂。
橋を渡った後から本格的な登り。

と、Zeroさんからコースの感じを教えて頂く。

道なりに行けば迷うことはないようなので、
とりあえずマイペースで行くことを念頭にスタート!

途中で何回か信号に引っ掛かりながらもマイペースで進んでいきます。

HPやブログで見たことのある鳥居を通過し、畜産試験場の交差点を過ぎ、
すこし走ると路面がウェットで濃霧に包まれました・・・。
まさかウェットコンディションになるとは思ってなかったので、
テンションダダ下がりw心も半分折れた・・・。

ダラダラと走っていると、後ろからZeroさんの姿が・・・。

速っ!
もう追いつかれてしまいました。

でも、ウェットコンディションの中、残り十数キロを走るリスクを考えると、
もしかしたら、この先の走行を危惧するようなことを言ってくると思ったら、

頑張って!

と言って、スーッと登っていった。

あ、そりゃそうですよね(・∀・;

8.9km地点の橋を通過すると、ここから本格的な登りが始まります。
ここで、くろけんさんとjimaoさんに抜かされる。

少しだけ、jimaoさんの背中が見える位置で走っていたんですが、
そんな状態もほんの一瞬w

橋を渡ったところにあった温度計は、5度を表示してました。

そして、完全にぼっち走に入ります。
斜度は、9%~13%がちらほら。
周りは特に何もない、林間コース。
そういえば、草津もこんな感じだったと思います。

ファイナルローの28Tに入れたまま、ギアを上げることができません。
もう何度、STIレバーをシフトダウンしようとしたことかw

ああ、30Tがあった方が良かった・・・なんて思いました。
キツイ斜度の坂に叩きのめされ、登りながらネガティブキャンペーンを展開w

登れないのは分かっていたはずなのに、どこかで勘違いしていたようです。
ローラーないし、普段から乗る時間が少ないのに、
仲良くさせて頂いている皆さんのブログやTwitterを読んで、
自分が、皆さんと一緒で速いと勘違いしてました。

・・・はい、馬鹿です。

みんな寒い中、待ってるんだろうな。
悪いことしてしまった。
とにかく登りきったら、みんなに謝ろう。

そう思いながら、GARMINに表示される距離を目安に頑張って登っていきます。

残り数キロ。
60もあんのか!と思いながら始まったカーブの標識も数えるほど。

九十九折り区間に入っているようで、目の前に急な坂が出てきます。
本来であれば、グランツールで見たような九十九折り区間なのかもしれませんが、
濃霧すぎでなんにも見えません。

すると、

ヒデヲさん頑張ってー!あと少し!

とZeroさんが下りてきて激励してくれました。

これは嬉しかった!
・・・というか、心が折れていたので、マジで泣きそうになった

元気を取り戻し、力強くペダリングできるようになりました。(※当社比)


ゴールが見えると、また頑張れるんですが、
この日は、ホントに先が見えません(汗


そして、
頂上で待つjimaoさんとくろけんさんの声が聞こえて、
ゴールが近いことを把握。

頑張ってダンシングして、ゴールっ!


疲れたー・・・!

辛かったし苦しかったですが、
ゴールして迎えてくれた皆さんの声を聞くと、
安心感と達成感に包まれました。

待っててくれてありがとうございましたm(_ _)m


本来であれば、素敵な景色が見えるのかもしれませんが、


何にも見えねー\(^ω^)/

登ってきた方もなんにも見えない。


体が冷える前に、下山用の装備に着替えます。
着ていたコンプレッションインナーとアームウォーマーは、
jimaoさんのアドバイスで冷やさないようにお腹のところに仕込みます。

さぁ、ダウンヒルです。
完全ウェットコンディションで、カーボンリムのホイールを装備しているので、
とにかく安全に下ることにします。

まずは中間地点?の姫百合駐車場を目指します。

それにしても寒かった。
ブレーキを握る指先が痛くて、本当に怖かったです。


なんとか姫百合駐車場に到着しましたが、
寒くて寒くて、((((;゚Д゚)))ガクブルでした。

本当に死ぬかと思った。遭難するかと思ったw
みんな、あまりのヤバさに大爆笑。
オイラは、そんな余裕はなく笑えないww


カフェラテを飲んで、少し回復・・・。
気を取り直して、もう一度ダウンヒル開始。

ここからは路面がドライに変わり、ダウンヒルを楽しむ余裕が出てきました。
下界はドライで良かったw

この時間から登り始めるひとがチラホラ出てきました。
ああ、やっぱりうちらは早すぎるのねw

そしてデポ地に到着。
ほぼウェットの路面を走ったので、バイクが泥だらけになりました。

とりあえず身支度を整え、近くのマックにピットインです。
ちょうど朝マックが終わり、レギュラーメニューに変更。

てりたま、美味しいんだけど、食べづらいんだよ・・・w


その後は、埼玉に戻ってきて、
くろけんさんのニューバイクのヘッドパーツの圧入やコラムカットを見届けて、帰宅。
暗いうちに出たんですが、帰りも暗くなってから帰ってくるとはw

ご一緒させていただいた皆さんお疲れさまでした。
終始運転して頂いたjimaoさんありがとうございました。


初めての赤城山。
苦しかったですが、みんなで登るとやっぱり楽しいです。
沿道の温かい応援やホスピタリティに溢れている大会と聞いてしまうと、
赤城山ヒルクライム、ちょっと気になってしまいましたw

とりあえず、草津の前にもう一回走りたいですが、厳しいかなー(・∀・;)

 ↓ 更新のモチベーションになります。ポチッとお願いいたします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

| ヒルクライム | 05:19 | comments:7 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

赤城山お疲れ様でした。

初の裏山であの天候はかなり心折れますよね。何度か走っていても折れそうになりましたからね(≧∇≦)
でも草津より長い距離を走ったのはかなり自信になったと思いますから本番はガンガン行きましょう!前泊だから睡眠も取れるだろうしw

また機会を見つけて行きましょう!

| jimao | 2013/04/01 08:40 | URL |

赤城山お疲れ様でした!

確かに天候がイマイチで、先が見えないので自分もそうとう苦戦しました。

ヒデヲさん、ペース表作ったり準備も万端って感じで草津に向けての気合を感じました!
赤城山は本当に辛いコースですが、これを1度登っておけば、どんなコースでも対応出来ると思います。
草津もきっと頑張れると思います。

それにしても皆で行く遠征は楽しいっすね\(^o^)/
またチャンスがあれば色々と遠征いきましょう!

| Zero | 2013/04/01 09:40 | URL | >> EDIT

jimaoさん

こんばんは。コメントありがとうございます。
先日はお疲れ様でした。

天気が良かったら景色が良くて、もう少しだけ頑張れたかもしれません。
路面ウェットは勘弁ですね。

いつもjimaoさんにはお世話になりっぱなしです。
本当にいつもありがとうございます。
裏山と言われているので、私もなんどか行けるようにしたいです。
また行きたいですねー。

| ヒデヲ | 2013/04/01 21:43 | URL | >> EDIT

Zeroさん

こんばんは。コメントありがとうございます。
先日はお疲れ様でした。
ご一緒できて良かったです。
それにしても速かったですねー。

作成したペース表どおりのタイムになりました。
もう少し速く走りたいです。
遠征は楽しいですね!
また都合を合わせて行きたいなー。

| ヒデヲ | 2013/04/01 21:44 | URL | >> EDIT

お疲れ様でした!

赤城山お疲れ様でした~。色々お騒がせしてしまいましたが、
最後までお付き合いいただき感謝です!

しかしこの距離のヒルクライムはシンドイですね…。
天気もアレで、登るたびに寒く辛くなっていくし、走っている最中はもう苦行でしか…ただそれを乗り越えた後の達成感がたまらないですねー。草津は初のヒルクライベントというのはもちろん、
みんなと前泊でワイワイ行けそうなので楽しみですね!

イベントに限らずまたみんなでワイワイいきましょ~
都民の森とか連れてって~ヽ(^o^)丿

| くろけん | 2013/04/08 00:49 | URL | >> EDIT

くろけんさん

こんにちは。コメントありがとうございます。
レスおそくなってすみません。

先日は赤城山お疲れ様でした!
その後の件も含めて、とても楽しい1日になりました。

またワイワイいきましょう!
都民の森もいいですね!
まずは草津、楽しみたいと思います。
宜しくお願いします。

| ヒデヲ | 2013/04/19 12:44 | URL | >> EDIT

赤城ヒル

お邪魔します。こんばんは。
赤城山ヒルクライム大会2013は、インターネット申込が5月24日(金)夜8時から、郵送枠申込は6月4日(消印)からです。定員は昨年同様3千人です。大会前日の9月28日(土)にはシクロクロス競技も予定されています。
グーグルマップのストリートビューが前橋・赤城山エリアでも見られる様になりました。宿泊施設・駐車場・店の確認、下山時の渋滞回避の迂回路探し、レース直前のウォーミングアップのコース探しなどに利用されると便利です。
クルマで試走に来られる場合、市立前橋高校駐車場(スタート地点近く)が今年も使えそうです。高校の行事等での混雑時は、敷島公園ばら園駐車場(5月下旬頃は、ばら祭りの為混雑します)又は、道の駅・赤城の恵み駐車場(十分なスペースが有ります。温泉付です。毎月第一・第三火曜日は休館日)での駐車がお勧めです。JR前橋駅付近にも激安パーキングが有ります。

おかげ様でヒルトップにトイレと展望デッキが新設されました。新しいトイレは爽やかな雰囲気です。

今年もエントリーお待ちしています。

| 前橋庶民 | 2013/04/23 18:55 | URL | >> EDIT















非公開コメント:

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。