ヒデヲジテンシャブログ

自転車ネタを中心に綴ったゆるーいブログです。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

【白石峠ライド1】はじめての白石峠

週末の家族サービスやら藤枝出張やらで、更新が遅くなりました。

前回のエントリー通り、先日の土曜日に白石峠へ行ってきました。
白石峠に行くことをTwitterで呟いたら、Twitter上で交流させて頂いているやまぞうさんも、
ちょうど行くことを検討されていたようなのでご一緒させて頂くことに。

東所沢駅付近のコンビニで7:00に待ち合わせ。
遅刻しないように6:00前には自宅を出発。
待ち合わせ場所までは、多摩湖ライドで通っている道なので迷うことなし。
羽根倉橋を通過する頃、朝日が昇ってきて、素敵な景色でした。
今度、ちゃんと朝日を拝みに来てもいいな。

そんなこんなで6:45頃待ち合わせ場所に到着。
珍しく人を待たせずに済みましたw


挨拶もそこそこに白石峠に向けて出発です。
道中は道を知っているやまぞうさんに牽いて頂き、
途中で先頭を交替しながら目的地を目指します。
普段、ロードバイクで通勤しているというやまぞうさん、しっかりとしたペダリングでした。
やはり平日乗っていると違いますね。

やまぞうさんとは初めてお会いするのですが、
Twitterで交流させて頂いてますし、とっても気さくな方なので、初対面という気がしませんw
自転車乗りの繋がりってやっぱり良いものですよね。

乗っている自転車は、ORBEA Aqua。
久々に、アルミのロードバイク乗りの方とご一緒です。
最近は、カーボンロードな方が多いですからね。


さて、この日は、天候には恵まれましたが、気温は低く、
側道の草花たちはしっかりと霜がおりてました。
遠くに見える山々も白く雪化粧をしてました。

田波目交差点を超え、バイパス線を経由し、30号を進み、172号へ。
西平のコンビニで休憩し、いよいよ白石峠に到着です。

ブログでよく見る看板。とりあえず記念撮影。


ここまで、自走で約63km。
正直ここでお腹一杯な感はありましたが、ここからが本番です。
心の準備をして、いざヒルクライム開始です。

緩やかに登り始めたと思ったら、そこから急勾配。
「最初は軽めのギアで抑え目に」というアドバイス通りに登っていきます。

どんなに気温が低くても、登っていくと暑くなってきます。
ああ、手袋やネックウォーマーを外してから登ればよかったかな。

同行したやまぞうさんはペースを合わせてくれ、しかも辛く重苦しい空気を紛らすためか、
終始話しかけてきてくれます。
はい、そりゃもう、
もくもくと登った方が疲れないんじゃないの?って思うくらい(爆)

そして、ミリタリージーンズというノボリを発見。
lumoさんのブログで拝見したマイケルとキャサリンがいました。
手を振る余裕なんてこれっぽっちもありませんw
苦しい表情で別れを告げ、さらに登ります。

登っても登っても、坂道ばかり。白石峠に来たいと思った自分が甘かったと、少々後悔…。
そして、テンションもどん底…。

ああ、もっと体重が軽かったら、
もっと軽いホイールがあったら、
フレームがカーボンだったら、
ローラーがあったら…、

なんて、淡い夢の世界に引き込まれそうになります。

そんな状態でも、やまぞうさんは、気さくに声掛けてくださいます。
か細い声で返答する私。完全なるヘタレローディーです。

そして、漸く残り2kmの看板。
このあたりで、若干傾斜が緩くなり、ギアを1枚上げました。

「前半4kmは我慢。残り2kmから」という話を聞いていたので、
少し楽になってくれるかと思いましたが、
楽になったのは一瞬だけw
結局、インナーローに戻して登ります。

一緒に登ってくれてたやまぞうさんは、徐々にスローダウン。
どうしたんだろう?と思ったら、なんと足が攣ってしまうアクシデント!
色々と気を遣わせてしまったのが、多少影響しているのでしょうか。

「先に行ってください!」というお言葉に甘えて、先に進みます。
そして、景色が開けたなと思ったら、パラグライダー場が!
なんか気持ち良さそうでした。
でもこの日、本来芝生であろう場所は、一面、雪で真白になってましたw

このあたりからだったでしょうか、路面にも若干雪があり、すこし滑りました。

さぁ、残り数百メートル。辛い6kmも終わり。
とにかく気持ちでペダルを回し続けます。
そして、漸くゴール!

GarminのLAPボタンを押して時間を確認。
タイムは、42分15秒。


…自分の実力がよくわかりました。やっぱりヘタレですorz
足を付かずに登ってこれただけで十分です。
次は、とにかく30分台で登れるようになるのが目標ですね!


ゴールに着いてみて、びっくり。
前日の雪の影響か、白石峠の頂上は、雪が…!
本当であれば、ここからグリーンラインを登ろうと思ってたんですが、完全に無理ですね。
やまぞうさんも到着し、近くの東屋でしばし談笑。

こんな状態じゃ登れませんね
20111210_03.jpg

東屋からの景色。天気が良かったので、良い景色でした。20111210_05.jpg


いつまでもここに留まっていても冷えるので、下山します。
…っと、長くなってしまったので、今回のエントリーはここまで。

20111210_06.jpg

今回、走ったルートは、こちら。
※下山して、ときがわの途中までです。


 ↓ 続きが気になるぞ!って思った方、ポチっとお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

| ロングライド | 20:00 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

面目ないですm(__)m

登坂中、本気でうるさくてサーセンwww
テンション下がってしまうととても登り切れないので、変なスイッチ
が入ってあんな感じになってしまいました(^_^;)

今回は自走でのアプローチ距離は48.3kmと、私の方がヒデヲさんより
約15kmも短かったのにも関わらず、あと僅かのところで両足が攣って
しまいました…。過去に両足同時に攣った経験は無かったので、実は
かなり焦せりました(-_-;)

思い当たる原因は幾つかあるのですが、その辺のコトは気が向いたら
自分のブログにアップ致します…。

いやー、それにしても、雪の上でのたうち回る姿を他のローディーな
方々に見られなくて良かったです。ははは…。

| やまぞう | 2011/12/15 01:47 | URL | >> EDIT

やまぞうさん

お疲れさまでした。
お気を悪くさせてしまったら申し訳ないです。
確かに、ふたりともテンションだだ下がりになってしまっては、
キツイ坂が余計にキツクなってしまいますね…。
仰る通り、残り少しの一人旅はかなり辛く、
あの声かけがだいぶ効いていたことを実感しました。
改めてありがとうございます。

その後、脚の具合は大丈夫でしょうか?
またタイミングが合えばご一緒しましょう。
それでは。

| ヒデヲ | 2011/12/15 09:53 | URL | >> EDIT

お疲れ様でした。
頑張りましたね、初めて白石に上ったことを思い出して身震いしました(笑)
この時期のゴール付近は積雪があるのですね。
しかし良く登りましたね。グリップ失いそうで怖いですが・・
雪解けして路面が良い状態になりましたら是非御一緒しましょう!

| Natsurou | 2011/12/15 12:19 | URL | >> EDIT

Natsurouさん

ありがとうございます。
自分なりに頑張りました。
次は、少しでも今回よりも良いタイムで登れるように頑張ります。
ゴール付近は積雪がありました。
というか、ゴール後の道の方が積雪具合は酷かったですね。
また春先に行ければと思います。
その時は是非宜しくお願いします。

| ヒデヲ | 2011/12/15 12:26 | URL | >> EDIT

お疲れ様でした。
この時期に白石峠に行く気力が凄いです。私は秋ごろ熊が出たという情報を聞いて以来足が遠のいてます。
私も最初に上った時は,永遠続く上りにうんざりしました。
何度も上っていると,コースの緩急が分かるので,ペース配分が出来るようになると思います。
30分台とは言わず,30分切り頑張ってください。
今度一緒に行きたいですね。
それでは。

| lumo | 2011/12/16 00:39 | URL |

lumoさん

ありがとうございます。
今回は何も考えずに、チャンスだと思い、つい行ってしまいましたが、
長々と続く上りにかなり疲れました。
少しコースの感覚もついたので、次に行くときはもう少しタイムを縮められれば。

30分切りは無理ですが、是非30分台を目標に。
これからもがんばっていきます。

| ヒデヲ | 2011/12/16 13:04 | URL | >> EDIT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://hideo0107.blog.fc2.com/tb.php/13-c1b80088

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。