FC2ブログ

ヒデヲジテンシャブログ

自転車ネタを中心に綴ったゆるーいブログです。

<< 2012-04- | ARCHIVE-SELECT | 2012-06- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

ひたちなかエンデューロに行ってきた!【前編】

今回は、5/20(日)に開催された、
BikeNavi GP 2012「春のひたちなか7エンデューロの模様を
数回に分けてお送りします。
臨場感は特に伝わらないゆるーいレポですが、ご了承くださいww

義兄弟ライドのときに、義兄から誘われて、参加が決定したわけですが、
特に事前練習もろくにせずに当日を迎えましたw
この大会が、記念すべき人生初の自転車イベントです。

前日
当日は朝早いので、荷支度は前日に済ませておきました。
前後輪を外して、フレームをラゲッジスペースへ。
動かない要らなくなったチューブでフレームとヘッドレストを固定し、
空いたスペースに後輪を入れます。
軽の狭いラゲッジスペースでは、これで一杯になってしまうので、
前輪は、助手席へ。

2012052001.jpg

今回は、嫁と娘も一緒に行くので、
チャイルドシート&後部座席はそのままにして行きます。
緊張からか、なかなか寝付けなかったんですが、日付が変わる前に就寝。

そして、当日
4:00起床のつもりだったんですが、なぜか3:30過ぎに目を覚ます。
少しゴロゴロとしていたんですが、ちょうどCL決勝の放送が始まったので、
見ながら準備を進めます。

ひと通り荷物を詰め、荷物チェックを済ませたあと、
寝ている娘を乗せて、いざ出発!
現地集合7:00なので、余裕を持って5時前に家を出ました。

外環を経由して、常磐道へ。
常磐道を走る機会はあまりないので、新鮮です。
友部SAでトイレ休憩し、北関東道へ。
・・・っとこのあたりで、ガソリンの残量が少なくなってきて、
会場最寄りのIC手前で、まさかのEMPTY点灯
ガス欠になったら笑えないので、仕方なく1つ手前の水戸大洗で降りてガソリン補給。
ここからは一般道でひたちなかへ。

そして、7時ごろに無事到着!
やっぱり余裕持って出てきて良かったw

会場は、ひたちなか海浜公園近くにある自動車安全運転センター
警察や消防、バスの運転手さんなどが研修に使う教習所のようなところのようです。
パトカーが並んで置いてありました。

さて、駐車場に車を止めて、メンバーと合流です。
幸い近くが空いていて、他のメンバーの隣に止めることが出来ました。

挨拶もそこそこにロードバイクを組み立てて、準備を進めます。
駐車場で、ローラー台を出して、アップに励む選手とか、
お揃いのチームジャージ姿とか、雑誌で見るような高級自転車とかホイールとか、
うわぁ自転車イベントに来た!って雰囲気が感じられますw

出場者は、チーム・ソロ、3時間・7時間含めて、300組弱程度とのこと。
彩湖のエンデューロに比べると、少々こじんまりした感じです。
今思うと、初参加だし遅いので、程よくガチすぎなくて良かったかなと^^

会場に入り、ピット脇の空いたスペースにビニールシートを敷きます。
少し離れた場所に別途観戦エリアを作り、そこには折りたたみの椅子を。
この辺の準備は、
彩湖エンデューロのときにNatsurouさんが用意してくれたしおり
活きました!
Natsurouさんありがとうございます^^

2012052002.jpg

コースは、こんな感じ。

2012052003.jpg

距離は、1周4.2kmと、やや彩湖よりも短めなんですが、
単純なオーバルなコースではなく、カーブが多く、アップダウンもあるコース。

既に開始されている試走に向かいます。
カーブが多くてアップダウンのあるコースという認識はありましたが、
初めてのコースなので、要所要所確認しながら走ります。
下りの後にヘアピンカーブというのが幾つかあり、
上手くスピードコントロールをしないといけません。
思っていた以上に難しいコースです。
我々は、3名のチームで、3時間のエンデューロに挑みます。

2012052004.jpg


結局あまり時間がなく、試走は2周のみ。
コースを頭に入れることが出来ませんでしたし、アップどころではありません。
・・・ただ疲れただけ

スタート前に、ライダーズミーティングのため、
招待選手のReady Go JAPANのお姉さま方を先頭に、
スタート地点に選手が集まります。
諸注意を聞いた後、いよいよスタートです!

2012052005.jpg


トップバッターは、膝痛を抱える義兄。
とりあえず無理せずに無事に帰ってくることを伝えて、離れます。
ローリングスタートを経て、リアルスタート!
いよいよレースの始まりです!


先頭集団の速度は速く、雰囲気に圧倒されます。

ホームストレート後の第1コーナー付近を観戦エリアとして、
交代の合図はココで行うようにしました。

2012052006.jpg

第1コーナーからピットまでは4~5分程度かかるので、
その間に、他のメンバー2人が準備をします。
ラップの計測は、脚に巻けるタイプのもので、
マジックテープなので、簡単に取り外し可能です。

次に走るメンバーは、片方のクリートを嵌めた状態で立ち、
走らない人が、走って来た人から計測器を外して、次の人の脚に付けます。

さて、2周目で合図を出した義兄、次に走るのは私です。

いよいよ私の自転車レースがスタートします。

ふと、GARMINに目をやると、心拍は、
走る前から120bpmでしたw
果たしてこんな状態で無事走りきれるのでしょうか?

義兄がピットに戻ってきて、脚に計測器を巻いてもらいます。

左脚のクリートも無事に嵌まり、さぁ、スタート・・・!

実際のレース編はまた後日アップしますw
後編もゆるーく記します。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

| ひたちなかエンデューロ | 20:55 | comments:6 | trackbacks:1 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。