ヒデヲジテンシャブログ

自転車ネタを中心に綴ったゆるーいブログです。

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

俺たちのMt.富士ヒルクライム2012【後編】

前回のエントリーに引き続き、
俺たちのMt.富士ヒルクライム2012【後編】でございます。

さて、会場を後にした我々は、
お昼もろくに食べてなかったので、まずは腹ごしらえに。
着いたお店は、jimaoさんお薦めの「ほうとう不動」。
ほうとうと言えば、自分の中では「小作」しか知らなかったので、新鮮でした。

ほうとう 1,050円

鉄鍋で運ばれてきたほうとう。
熱々で、口の中がデルデr・・・、あ、いや、デロデロになってしまいましたw

そして、見た目以上に、量が多い。
食べても食べても減らないw
途中でキツくなりましたが頑張って最後まで食べました!

ボリュームのわりに値段はそれほど高くないし、
お座敷もあるから子連れでも連れてきやすいかも。
ただし、熱い鉄鍋には要注意。

お腹が満たされた後は、
夕飯の買い出しに近くのスーパーで、あれやこれや買い込み、宿泊先のコテージへ。
綺麗なコテージでこれまたテンションが上がるw

夕飯を作っている間に、、アタックを終えたlumoさんも到着!
と、ここで、ちょっとしたハプニングがw

迎えに行って部屋に案内。
ガチャと、ドアを開けると、見たことのない女性もののサンダルが。
ん?と思っていたら、
女性が出てきて、お互い「えっ?」と・・・。
どうやら部屋を間違えた模様。
男3人平謝りして逃走ww
間違えてしまった部屋の方、驚かせてしまいすみませんでしたw

さて、
夕飯のメニューはカレーライスとサラダ。
ニンニクを炒めて風味付けして、
ジャガイモ、にんじん、玉ねぎの定番の野菜の他に、
茄子も入ったカレー、美味しかったです。

サラダには、Zeroパン工房特製のフランスパンに
サーモンペーストを塗ったものを添えて。

男5人なのに、手際の悪くなく、見た目も素敵!
お酒も入って楽しい夕食に。そして、物欲談義を肴にお酒が進みますw
私もしっかりと物欲を刺激されました。

夜も更けて、
Zeroさんが持ってきてたジロやパリルーべの動画を見ながら自転車談義に。
CS契約していない私にとって、自転車レースを見るのも新鮮です。
パリルーべのパヴェや、ジロの山岳区間の追いこみのシーンなど、
テンションあがりますね。
これからはネットで色々と探して見てみようかな。

そんなこんなで日付を超えて、気付けば深夜1時半。
体が疲れててすぐに寝るはずが逆に興奮していて、こんな時間になってしまいました。
いくらDNSにしたとは言え、そろそろヤバイということで就寝です。

翌朝
優しい鳥の鳴き声に起こされ、起床です。時間は朝5時くらい。
思ったより早く目が覚めました。

窓の外を確認すると・・・


あれ?
降ってなくね?^^;


Twitter上では、5合目は寒いけど快晴!っていうツイートがあったりして、
正直少々複雑な気持ちに・・・^^;

このコテージの仕組み上、
早朝チェックアウトの場合、前日22時までに手続きを終える必要があり、
その時に判断をしなければならなかったりしたので、早々とDNSを決めました。
それに、前日にしっかりと追いこんで走ってるし、OKOK!w

嫁がてるてる坊主まで作ってくれてたりしたので、
家族には、申し訳ない気持ちが一杯だけど、
いつかは一緒に来て応援してもらいたいなーと。

嫁作製のてるてる坊主

と、様々な思いを胸に、のんびりとした朝を過ごします。
テレビを見てまったりして、朝食のカレーを頂きます。
いやー、2日目のカレーはやっぱり上手いっすね。
のんびりとコーヒー2杯も飲んでしまったので、お腹はタプタプ^^;

前日、会場のブースをあまり見れなかったので、
当日様子を見に行っても良かったんですが、
駐車場である富士急に車を停めて会場に向かうこととか、天候の様子とか、
そもそもブースは何時からやっているのか、帰りの渋滞が心配・・・
などなど、諸々考慮した結果、そのまま帰ることに。

帰りは、休憩場所に設定していた談合坂SAを華麗にスルーw
jimaoさんと物欲談義してたら、全然気づかずに通過しちゃってましたww
藤野PAにて、休憩がてら皆さんと再合流して、解散。

帰りは午前中だったので、渋滞なく地元まで帰ってきました。
ちょうどお昼時だったし、前日の宿舎での、ラーメン談義の影響もあり、
jimaoさんとラーメンを食べて帰ることに。

行ったお店は、トーフラーメン 幸楊
第2回埼玉ご当地B級グルメ王決定戦で豆腐ラーメンが優勝してから
知名度が上がった人気店のようで、
11:30オープンで11:45に着いたのに、もう既に待ち客が。
(店内は10人も入ると一杯になる小さなお店ですが)

10数分待って、店内へ。もちろん、豆腐ラーメンをオーダー。

トーフラーメン600円

豆腐あんかけの下に、ラーメンが。
あんかけスープとラーメンスープがマッチしていて、癖になる美味しさ!
※上に乗っている豆腐は、麻婆豆腐ではないので、辛さがあるわけではありません。

アツアツのラーメンで汗ダラダラたらしながら、食します。
いやー、美味かった!ご馳走様でした。

帰りは、jimaoさんに家まで送って頂き、帰宅!
jimaoさん、色々とお世話になりました!ありがとうございました!

帰宅後は、嫁にお土産話をしながら、家族でお散歩。
娘は乗るより押す方がお気に入りのようですw

富士山メロンパン、食べましたが美味しかったですね!
買ったその日のうちに食べたらもっと美味しいのかな。


2日間に渡ったMt.富士ヒルクライム。
結局DNSしてしまいましたが、
俺たちのMt.富士ヒルクライム2012 はとっても充実したものとなりました。
ご一緒していただいた方々、本当にありがとうございました!
来年こそは是非!

 ↓ 最後まで読んで頂きありがとうございました。ポチッとお願いいたします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

| 富士ヒルクライム | 18:45 | comments:4 | trackbacks:1 | TOP↑

>> EDIT

俺たちのMt.富士ヒルクライム2012【前編】

お久しぶりです。すっかり放置していましたw

Mt.富士ヒルクライムから1週間が経過しました。
いやー、早いっすね。
今更ですが、その時の様子を振り返ります(・∀・)

富士ヒルクライムの週の平日は天気予報とにらめっこ。
金曜日夜の時点で、日曜日の現地の天気は雨。
しかも、気温も低いし、結構な強風で、開催自体が危ぶまれる天候。
せっかくのエントリーも悪天候ならDNSの予定でした。

そして土曜日の朝。
5時過ぎに起床し、朝食は炭水化物摂取ということで、朝からパスタを頂きます。

今回は、jimaoさんの車に乗せていただき現地まで向かいます。
結局、往復ともにjimaoさんに運転して頂きました。
jimaoさんありがとうございましたm(_ _)m

高速は渋滞がほとんどなくスムーズに流れて行きます。
助手席に乗っていて、ふと気付いたんですが、

あ、参加証のハガキを忘れたw

・・・はい、やってしまいました。
再発行可能なようでホッとしましたが(200円)

時間調整のため、談合坂SAで休憩。
ここで、NatsurouさんZeroさんとも合流し、
富士ヒルクライムに向けたスケジュールの確認。
天気予報では、レース当日の天気は、雨。
5合目あたりは降雪の可能性もあるとかないとか。
しかも10mを超える強風も。

万が一、天候が持ちこたえたとしても、風避けが少ない4合目、5合目で、
強風ってかなり危険では?
そこで、金曜日の夜に考えていたプラン、
前日に本番を想定して、俺たちのMt.富士ヒルクライムを開催しよう
と言うことに。

北麓公園駐車場に車を止め、自転車を組み立てます。

ボロボロになったクリートを新しいクリートに交換します。
Zeroさんから余っているクリートを譲って頂きました。
Zeroさんありがとうございました

2012060201.jpg

Zeroさん撮影。

5合目で待ち時間が長くならないように、
それぞれの目標タイム時間からスタート順を決定。
Natsurouさん、ヒデヲ、jimaoさん、Zeroさんの順でスタートです。

2012060202.jpg

料金所前のトイレで最後の軽量化。
だんだん、心臓がバクバクしてきました。心拍が上がって、少々息苦しいw
Natsurouさんがスタートして、数分後、いよいよ私の番です。

2012060203.jpg

料金所で200円払って、いざスタート!

先週の試走で、出したタイムよりも早い時間を設定し、
トップチューブに5kmごとのラップタイムを貼りつけました。

・ケイデンスは75~80を目安に、シフトチェンジ。
・緩斜面に入る際にはダンシングでスピードアップ。
・苦しくても笑顔を忘れずに!


それを意識しながらペダルを回します。
目標タイムよりも、なるべく貯金を作ろうと頑張ります。
・・・思えば、これが裏目に出たのかと思いますw

早々に、後からスタートのjimaoさんに抜かされます。
ダウンヒル王子は、やっぱり登りも早いっすw

最初の5kmと10kmでは、それぞれ約1分の貯金。
しかし、頑張りすぎているのと緊張からか、かなり苦しい。

あまりに苦しすぎて、ペースが落ちて、ただペダルを回すだけで、
ボーっとしてしまいました。
そこへ、「頑張って!」っと背中をポンッ!と押す声が。
ヒルクラ隊長のZeroさんでした。

全く気配に気づかず、ビクッ!っと思いっきりビックリしてしまいましたw
後の気配が分からないほど余裕がない状態で走ってたってことですね。

15km、20km地点ではあまりの苦しさにペースダウン。
序盤に持っていた貯金は食いつぶし、ペースが遅れ気味になってしまいました。

そして、左ひざに違和感が。
どうも直前に入れ替えたクリートのクリート位置が、
あまり良くなかったのかも知れません。
今後も要調整ですね。

さて、キツイ坂道を登り終え、いよいよ平坦区間へ。
頑張ってとにかく必死に踏みます。
しかし、どうしてもペースが上がらない。
30km/h出すのが精いっぱいでした。

そして、ゴール手前の急斜面。
苦しみながらダンシングを使って、登り切ります。

そして、登った先には、ゴールで待っている3人の姿が!
その姿を確認した瞬間、最後の力を振り絞り、もうひと踏み。
下ハンダンシングで、歯を食いしばって、もがきながらゴール!
あまりの苦しさに、バイクを立てかけ、大の字で寝転がりますw

気になるタイムは、1時間40分。
試走から2分短縮です。
ホントはもっと短縮できると思っていたんですが、
・・・甘かったです。

遅い私を笑顔で迎えてくれた3人、
いやー、嬉しかったです。

トップチューブに貼った目標タイムは切れませんでしたが、
試走のタイムより早いタイムでのゴール!
現時点で出せる力を出し切ってのゴールだったので、達成感もありました!

ゴール後は、記念撮影。
私含め、皆さん出し切ったようで、みんな良い笑顔してます。
写真を撮ってくださったスペシャのルーべ乗りの方、ありがとうございました!

2012060204.jpg

※一部加工しています。

お土産に5合目名物の富士山メロンパンを購入して、ダウンヒルです。
寒さ対策に、アームカバーにウィンドブレーカー。
そして、レッグウォーマーとシューズカバーを装備。

重いギアで踏みたいところですが、疲労と膝痛で、
思うように踏むことが出来ず、のんびりダウンヒルです。

料金所着いたときに、yuuさんと相方さんに遭遇。
ご挨拶させて頂きました。
久々にお会いしましたが、yuuさんはやっぱりヒルクライム体型だなぁ。羨ましい。

下山後、北麓公園に戻って、受付へ。
さすが、大きなレースなので出展ブースも沢山。

2012060205.jpg

自転車を持ったまま、ブースを回ったので、
あまり見ることが出来なかったなぁ。
来年は、自転車を置いて見よう。

うろうろと徘徊していると、赤と黄色の見たことあるジャージが!
チームフェニックスのkanaさんSさんたちでした!
前週の試走でメカトラを起こしたSさん、FDがDURA-ACEに!

Zeroさんを含め楽しく談笑していると、
後ろから、ぺけぺけさんまたまるさんでした。
久々に見ましたが、FCRにディープリムホイール、インパクトが強烈です。
そして、またまるさんは、KEBELにFFWDっていう宇都宮ブリッツェン仕様。
皆さん、羨ましい装備してらっしゃいます。

そして、私たちは、会場を後にしました。
この後の話は、次のエントリーで。


結論から言うと、前述の通り、
前日の試走を本番と想定し、当日のレースはDNSしました。

大会自体にエントリー出来ず走りたくても走れなかった方々や、
この大会のために、色々と調整してもらった家族には、申し訳ないです。
それでも、レースに出てないのに、
とても充実した2日間を過ごすことが出来ました。

来年こそは、きちんと出場し、
今回のタイムよりも早いタイムでゴールしたいと思います!

ご一緒した皆さん、ありがとうございました!

 ↓ 後編に続く。ポチッとお願いいたします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

| 富士ヒルクライム | 11:45 | comments:2 | trackbacks:1 | TOP↑

>> EDIT

【富士ヒルクライム】試走に行ってきた!

Twitterで交流のあるkanaさんのお誘いを受け、
日曜日に、「富士ヒルクライム」の試走に行ってきました。
kanaさんのチームメイトのクライマーのSさん含めて3人での試走です。

長いので、前編後編に分けようかとも思いましたが、
分けたところで、後編は大したネタにならないので、一気に行きますw


当初、レンタカーを借りて行こうという話もしていましたが、
実家の車を借りさせて頂き、レンタカーの諸費用の経費削減に成功!
快く貸してくれた父親に感謝です。

さて、当日
5時起きの予定が4時半に自然に起床。
前日の早めの就寝が良かったようです。
イチゴジャムトーストで朝食を済ませ、6時ごろに出発!

待ち合わせ場所のkanaさん宅に集合し、
kanaさん、Sさんの2人の自転車も車に乗せ、いざ出発ですw
実家の車はデリカD:5
3列目のシートを横に立てる形でラゲッジスペースが少し狭くなりますが、
3台分はしっかり乗せることができました。
工夫すれば、4人4台可能かな?

2012052701.jpg

最寄の板橋本町入り口は、工事で封鎖のため、西池袋から首都高へ。
首都高・中央道ともに、特に渋滞せず、すんなりと現地到着。
途中、談合坂SAで小休止しましたが、それ含めても2時間程度で到着です。
思ったより近いですね!

駐車場は、県立富士北麓駐車場
※通常は無料のようですが、スバルラインのマイカー規制期間中は車1台につき1,000円だそうです。

駐車場には、さすが1週間前だけあって多くの自転車乗りがいました。
ちょうど私たちが到着するころに、もう下りて来ている人も。
みんな来週に向け気合入っていますね。

2012052702.jpg

自転車を組み立て、出発前の最後の軽量化w
コンビニなどの売店はありませんが、綺麗なトイレがあります。

kanaさんのGDR メテオランチ
R-Sys SLRにDura-Ace Di2という羨ましい装備。

2012052703.jpg

ヒルクライマーのSさんは、
アルミバイク最高峰のCAAD10に軽量チューブレスホイール。
こちらも羨ましい装備っす。

2012052704.jpg

いよいよスバルラインに向かいます。
ハンドサインを出すkanaさん、決まってます!

2012052705.jpg

フェニックスジャージ、初めて実物を見ましたが、格好良い!
ちょっと欲しいなーと思ったり思わなかったりw

富士ヒルクライム初参加のヒデヲさんに対し、kanaさんが色々と説明してくれます。
当日はこっちからパレード走行でいきますよー。とか。
しかし、計測地点の料金所まで結構な距離がありますね。
思ってた以上に距離があったので、
あれ?実はもう計測地点過ぎてる?とか思ってましたww
kanaさんに目標タイムを伝えると、
そのタイムは切れるっしょ。去年、全く練習してなくて俺でもそのタイムは切れたよ。
うぅ、軽いプレッシャーですw

料金所で200円を払い、一旦停止。
雄大に立ちはだかる富士を目の前に、ワクワクとドキドキが入り混じります。

2012052706.jpg

ストレッチをして、いよいよです。
下半身の筋肉っぷりが凄い。とkanaさんが誉めて?くれてましたが、
このムチムチな脚キライです。コンプレックスですw

そんなこんなで試走開始です。
未経験だし、タイムも一番遅い私が最初に出発します。

はい、ひとり旅には慣れたもんです(爆)
とにかくマイペースで進みます。
序盤は結構キツめの坂道ですね。
都民の森と比較するとスバルラインの方がきつい印象でした。
まぁ都民の森は、たまに下りも出てきますしね。

スバルラインは、見通しが良いので、まだまだ続くのかーと思う反面、
この先にくる斜度の緩急がなんとなく分かるので、良い目安になりました。

この日は、
・なるべく沢山ペダルを回すこと、
・緩斜面では、サボらず重いギアに入れること
・苦しくなっても笑顔を忘れずに

を念頭に入れ走っていましたが、途中から少し余裕がなくなってきて、
緩斜面でサボってしまう部分もありました。
なるべく笑顔を忘れないように走っていたつもりだったけど、
それはどうだったかな?w

抜かす人には挨拶してたし、要所要所で写真を撮ったりしているので、
それなりに余裕があったのかも知れません。

1合目看板2012052707.jpg


目安のタイムの5kmごとのタイムを書いた紙をトップチューブに貼り、
サイコンと見比べながら走ってました。

2合目看板2012052708.jpg

この日は、本当に天気が良く、青い空に新緑が気持ち良かったですね。
最初は長いかなーと感じていた道のりも。
3合目あたりを過ぎると、あと10kmで終わりか・・・という感覚が出てきました。
いや、もっと登りたいという気持ちはまだないですがw
徐々に木々も少なくなり、眼下には素敵な景色が広がっていました。
そして、4合目看板

2012052709.jpg


小さな女の子もMTBでお父さんの後ろで頑張ってました。
料金所から登って来たんでしょうか?スゴイですね。

2012052710.jpg


この辺りが一番キツイところでしたっけ?
ここまでの疲労がボディブローのように効いているのか、
思うようにペースが上がりません。
心拍は150前後なんですが、脚に乳酸が溜まりなかなか力が出ない。

ここから平坦エリアに入り、ギアを上げて頑張って踏みます。
しかし、30km/hすら出ずに、29.6km/hしか出ませんでした・・・orz
ケイデンスは90rpm~100rpm。

もうすぐゴール?と思いきや、ここからの急斜面がまたきつい。
5合目の駐車場に入る車が列を作り、狭い路肩走行を強いられます。
無い力を平地で出し切ったのか、最後の登りはホントへろへろw
速度も一気に10km/hに落ち、ケイデンスも60rpmを切る感じでしたw

平坦エリアをもっと頑張って踏んで、
その勢いに乗せて、最後の登りを頑張るってのが良さそうですね!


そして、富士山5合目にゴール!
とりあえず、目安のタイムを切れました。
本番はもう少しタイムを上げたいなー。

平均心拍: 152 bpm
最高心拍: 162 bpm
平均バイクケイデンス: 80 rpm
最高バイクケイデンス: 104 rpm


心拍が思ったより低い。
もっと追い込めるってこと?それとも酸素が薄いから?
そして、kanaさんにも言われましたがやっぱりケイデンス高めらしい。
まぁ悪いことでもないんでしょうけど、
もう1枚重いギアを選択した方がスピードアップに繋がるかな?
あとは、筋肉との相談w

2012052711.jpg

富士山5合目、初めて来ましたが結構人が沢山いますね。
この日は本当に天気が良く、陽射しのおかげで思ったほど寒くない。
先に着いていたkanaさんと談笑しながらSさんを待ちます。

2012052712.jpg

それにしても、チームフェニックス屈指のクライマーSさんがなかなかやってこない。
颯爽と私を抜いて行く姿を想像してましたが、どうしたんだろう?
kanaさんと色々と話していたんで時間は気にしてませんでしたが、
1時間くらいは待ったかな?
kanaさんが携帯で連絡を取ると、
どうやら、メカトラでフロントがインナーに落ちず、
アウター縛りで登ってきて途中で脚が攣ってしまったそうです・・・。
富士山でアウター縛りって((;゚Д゚))ガクブル
とにかく、本番じゃなくて良かったです。
Sさんはかなり恐縮してましたが、寒くなかったし全然大丈夫でしたよー。

そして、下山です。
下山用に、ウィンドブレーカー、ニット手袋、ネックウォーマーを装着。
たぶん天気が良かったので、これくらいの装備で済んだんですよね!

ダウンヒルが苦手なはずでしたが、好天のおかげか見通しも良く、
ビビらずに下れたと思います。
kanaさんの背中を追い掛けながら、ギアを上げて踏んで行きます。
せっかくあんなに頑張って登ったのに、下るときは早いですよね。
なんだか少々寂しかったり。
ちなみに、ダウンヒル中は、湘南乃風「睡蓮花」が脳内で流れてました。
なんでだろう?w

県立富士北麓駐車場に戻ってきて、身支度を整え、帰路へ。

2012052713.jpg


15時くらいだったでしょうか。
まだ渋滞は大丈夫かなー。と思っていたんですが、
中央道は談合坂SAから小仏トンネルまでダラダラ渋滞・・・。
15km程度だったかな?

談合坂SAで食事でも・・・と思っていたんですが、
のんびりしているとこの渋滞が更に延びそうだったので、そのままスルー。
渋滞を抜けてから石川SAで昼飯です。17時過ぎてるけどw
エビフライカレー。意外に辛かったw

2012052714.jpg

その後、調布付近でもダラダラ渋滞。
そして、18:30ごろkanaさん宅に到着!
帰りにガソリン満タンにして、実家へ!
実家では娘が出迎えてくれました。嬉しかったなー。

kanaさんとちゃんと走るのは初めてだったし、Sさんとはもちろん初めてでしたが、
道中も試走もとても充実したものになりました!
また是非ご一緒しましょう!
当日、会えるといいですけど、会えないかな―。

富士の試走を終えて、半分満足しましたけど、少し欲が出てきましたw
90分切りはさすがに無理だけど、この日のタイムを少しでも更新したいなー。

さぁ、あとは、当日の天候次第!
ああ、デリカ運転しやすかったなぁ!欲しいなー。

 ↓ さぁいよいよ本番・・・!ポチッとお願いいたします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

| 富士ヒルクライム | 20:45 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

【富士ヒルクライム】ドキドキのエントリー

今年は自転車レースやイベントに出てみようという密かな?目標があるのですが、
ツールド草津は未エントリー、TokyoエンデューロRiverStageは雨天DNSと、
不参加が続いています。

ヒルクライムに興味はあるものの、
貧脚ゆえ、登り切れるかどうかかなりの不安がつきまといます。
でも、1回は出てみたい!と思っていたので、
初心者でも安心!完走率99.09%の「Mt.富士ヒルクライム」にエントリーしてみることに。

2012032101.jpg


自転車界の東京マラソン的なイベント?の富士ヒルクライムは、
エントリーは先着順で、エントリー開始から数時間で受付終了してしまうという人気レース。
毎年平日のエントリーだったようですが、
今年は、なんと3/18(日)12:00からエントリー開始。

平日よりも休日の方がエントリーする人たちが多いので、
果たして無事にエントリーできるのかどうかもの凄く不安でした。

エントリー開始30分前には、準備を整えPCの前へ。
スマホの時間を確認しながら12時ちょうどに、エントリー画面を更新!

・・・。

 真 っ 白 。

・・・返ってきません。

さすが、人気の自転車レース。
アクセス数がハンパ無いようです。

それでも、なんとか繋がり、エントリーを進めるも、今度は、
Error 503 Service Unavailable
ですよ。

はい、仕方がないので、一からやり直してです。
ちょっと進んでは、503エラー → 最初からやり直し のループに嵌まり
心が折れそうにながらも、なんとか支払方法の選択画面まで辿りつく。
すると、今度は、PCのキーボードが言うことを聞かなくなる・・・。

ええぇ!?
くっそ、こんな大事なときに・・・。


PC再起動。大丈夫。ちゃんとキーボードは使える。
再度エントリー作業開始・・・。
しかし、半分、心が折れてますよ・・・orz

そんな気持ちをTwitterに書き込んでみると、

あきらめたら そこで試合終了ですよ・・・。

と、やさしいお言葉をかけて頂き、もう一度頑張ることにしました。
徐々にテンポ良く繋がるようになり、再度支払方法選択画面。

カード決済を選択するも、
カード会社との通信にエラーが発生・・・的なメッセージが出るばかり、
サーバーが混み合っている影響でしょうか?

何度やってもダメなので、コンビニ決済にして、急いでコンビニへダッシュ!
富士ヒルクライムは、先着入金順なので、決済が完了しないと、
エントリー完了とならない。

ママチャリに乗り、近所のコンビニへ。
滞りなく振込みを完了し、ホッとひと安心。

帰宅後、PCメールを確認すると、

【RUNNET】大会エントリーを受付けました

というメールが来ていることを確認。
これでOKなのか?完了メールって来るのかな?
って思って、Twitterで確認していると、完了メールも来るらしい。

な、なぜ、完了メールが来ない?
なんて思っていると、コンビニ決済のため、メールにタイムラグがあるそうな。
そんなやり取りをしていると、公式HP上で、

定員に達したため、エントリーは締め切りました

とのこと。
エントリー開始から2時間も経たないうちに、締め切りですってよ、奥さん。
スゴイ人気ですね。

正直、完了メールが来ていないので、もしかしたら・・・っていう不安があったんですが、
翌日の朝には、【RUNNET】大会エントリーが完了しましたメールが来ていました。
ああ、ひと安心。

というわけで、バタバタしましたが、
とりあえず、無事に、エントリー受付という名の予選会を突破することが出来ました。
・・・なんか、既に走り切った感があるのはなぜだろう?w
人生初の自転車レースが「Mt.富士ヒルクライム」になりそうです。
天候が崩れないことを祈るばかりです。

果たして、脚を付かずに登れることが出来るのでしょうか・・・。


公式HPに書かれていたこの一文

※ご注意
コンビニ決済を選択した方は、受信メールに記載の期限内にご入金されないと、
申し込みが無効になりますのでご注意ください。


これって慌てて入金しなくても良かったってこと?^^;


富士ヒルクライムにエントリーした方も、そうでない方も、ポチッとお願いいたします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

| 富士ヒルクライム | 19:11 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。